沿革 60〜70年代

   

2014(平成24)年2月1日現在

1964((昭和39))年9月 全国グラビア協議会設立(任意団体)
1959(昭和34)年4月 指定業種指定
1966(昭和41)年1月 全国グラビア協同組合連合会(任意団体)へ改組
1971(昭和46)年1月27日

全国グラビア協同組合連合会設立(中小企業等協同組合法に基づく)

1971(昭和46)年6月 特定業種指定
1972(昭和47)年7月 「適正生産規模の基準並びに構造改善の目標」設定
1973(昭和48)年10月 構造改善事業・料金・公害問題に対する委員会設定
1974(昭和49)年9月 構造改善計画を議決、通商産業大臣に承認申請
1974(昭和49)年11月

第1次構造改善事業、大臣承認

1975(昭和50)年2月 印刷産業公害対策推進協議会結成
1975(昭和50)年5月 構造改善事業実施に伴い、潟Oラビア製版センター、鞄結梵サ版センターを設立(業務提携)
1975(昭和50)年8月 構造改善事業集約化に伴い、西日本GCセンター設立(業務提携)
1976(昭和51)年5月 全国グラビア業者大会開催
 

全国グラビア業者大会

全国グラビア業者大会【1976(昭和51)年・大坂】
1976(昭和51)年6月 「グラビア印刷関連環境改善対策マニュアル」の編集
1977(昭和52)年1月 構造改善事業集約化により、活ョグラビア製版センター設立
1977(昭和52)年6月

有機溶剤排ガス対策の推進

 

drupaの視察でミラノのSAFTA社にて

drupaの視察でミラノのSAFTA社にて【1977(昭和52)年】
1978(昭和53)年12月

全国グラビア分析センター設立(東京労働基準局登録13-35)

 

インターパック視察

インターパック視察【1978(昭和53)年】
1979(昭和54)年1月

有機溶剤作業主任技能講習会を一括受講(99名)

1979(昭和54)年7月

経営基盤強化確立総決起大会開催