ブックタイトル390498_労働安全・消防安全心得[第2版]

ページ
33/40

このページは 390498_労働安全・消防安全心得[第2版] の電子ブックに掲載されている33ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

390498_労働安全・消防安全心得[第2版]

2.消防安全2.4.3車載式二酸化炭素消火器*容器の1/2以上を緑色に(高圧ガス保安法)・高圧で圧縮した液化二酸化炭素を薬剤として使用。自身の圧力で放射・風上から放射し、時間は10数秒~20秒程度。距離は2~3m程度・放射時、ドライアイスと霧が発生・放射時にはホースや容器(消火器本体)は極めて低温となるので、レバーやホースの握り部分以外には触らない・冷却作用が少なく、再燃の危険性が大きいので、鎮火後は完全に消火したかどうか、確認を要する-31-