グラビア印刷とは

  一般に、印刷と言えば「オフセット(平版)印刷」のことを指します。一方、「グラビア印刷」は凹版印刷の一種で、微細な濃淡が表現できますので、写真画像の印刷に適しています。そして、包装資材に使われるプラスチックフィルムなどの柔軟(フレキシブル)な印刷基材(インキの載る材料のこと)への印刷を、書籍、雑誌などの出版グラビア(今は殆どありません)と区別するために「軟包装グラビア印刷」と呼んでいます。経産省等の区分では、オフセット印刷の印刷基材が紙であるのに対し、グラビア印刷はプラスチックフィルムなどの紙以外のものが多いですので、「特殊」という接頭語を付けて、「特殊グラビア印刷」と表現されています。
 グラビア印刷には、出版グラビア、軟包装グラビア以外に、壁紙や家具の表面材などを印刷する「建材グラビア」(または建装材グラビア)と呼ばれる分野もあります。

 

◆ 特殊グラビア印刷と表現される理由

1 金属の板ドクターを使用するため、様々な原材料の使用が可能。
2 紙以外の多くの原反に印刷することができる。
3 後加工の工程が非常に複雑である。
4 用途分野が幅広い。

 

◆ グラビア印刷の原理

 製版されたシリンダーがインキパンに浸漬しながら回転し、汲み上げられたインキをドクターブレードで掻き落とします。インキはパターンの凹みに残り、ゴムの圧胴の加圧により被印刷体に転移、絵柄が複製されます。

 

グラビア輪転印刷機械

◆ 特徴
1 フィルム等、色々なものに対して印刷ができる。
2 耐刷力があり、多量の印刷ができる。
3 カラー印刷、多色刷り印刷ができる。

 

◆ グラビア印刷の用途

「え? こんなところにも!?」

…グラビア印刷は豊かな色彩とデザインで様々な

ところで活躍し、毎日の生活と文化を支えています。

 

図

 

裏刷り構成   表刷り構成
裏刷り構成   表刷り構成
     
紙用途   紙器用途
紙用途   紙器用途
     
シュリンク用途   アルミ用途
シュリンク用途   アルミ用途
     
建材用途   出版用途   金・銀インキ用途
建材用途   出版用途   金・銀インキ用途
         

※掲載写真は「グラビア印刷の見本」であり、広告・宣伝等を目的にしているものではありません。